ソニーがFeliCaを使った電子マネー事業への参入を発表した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1999年の今日、ソニーが自社開発のICカード「FeliCa(フェリカ)」を使い、電子マネー事業に本格参入すると発表しました。これがその後のEdyになりました。
当面ば、同社が入居していたゲートシティ大崎のビル内に設置する専用端末機で現金やクレジットカードなどからICカードに現金情報を移し替えて電子マネーとし、ビル内の商店街で支払いに使えるようにすることなどからスタートとされていました。

出典: INTERNET Watch