米SunがJavaをめぐって米Microsoftを独占禁止法違反で提訴した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2002年の今日、米サン・マイクロシステムズ社は米マイクロソフト社を相手取り、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで米サンノゼ連邦地裁に提訴したと発表しました。当時、インターネットにつながったデバイスにおけるソフトウエアプラットホームとして、その存在感が急激に高まっていたJavaに対して、それまでOS市場においては圧倒的なシェアを占めてきたマイクロソフトの戦略が注目を集めていたころでした。

出典: INTERNET Watch