無線LANの公衆アクセスサービス事業化検討が開始された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2001年の今日、「モバイルインターネットサービス株式会社(MIS)」が、IEEE 802.11b準拠の無線システムを利用した公衆アクセスサービスの事業化へ向けて本格的な検討に入ると発表しています。東京都内において、約半年間の予定で数千人規模のモニターによる運用実験を開始するというものでした。
当初はファストフード店やカフェなどでの公衆無線LANスポットの提供が始まり、いまでは商業施設、公共交通機関などで手軽に使えるインターネットインフラはこのころから実証実験が開始されていたのです。いまや携帯電話網におけるデータ通信の迂回路としても重要な役割があります。

出典: INTERNET Watch