インターネット音楽配信のための権利処理ルールが大きく前進した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2000年の今日、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と、ネットワーク音楽著作権連絡協議会(NMRC)は、両者間で協議されていた「インターネット上での音楽利用に関する著作物使用料」について、最終的な合意に至り、JASRACが2000年8月4日に文化庁長官に対し認可申請しました。
それまではインターネットでの音楽配信に関して、使用料に関する取り決めがなく、利用したくても利用できない状況が続いていましたが、今回の合意で大きな一歩が記されたことになります。しかし、レコード協会との交渉は難航していると報じられていて、CD音源を使うことはできない状況にありました。

出典: INTERNET Watch