渋谷で大規模電子マネー実験がスタートした日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1998年の今日、ビザ・インターナショナル主導のコンソーシアム「渋谷スマートカードソサエティ(SSS)」はICカードによる電子マネーやクレジットカードの実験を渋谷で(16日から)開始するにあたり、先行して銀行などのカードの実験を開始しました。このコンソーシアムは、当時のユーシーカードなど大手クレジットカード会社10社、東京三菱銀行など大手銀行9社、信用金庫1社、メーカー25社、計46社による比較的規模の大きなものでした。
いまではフィンテック(FinTech)と呼ばれるこうした技術革新は1990年代から活発に行われていました。

出典: INTERNET Watch