インターネット・バブルのなか、米国ヤフーが好業績を発表

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1999年1月13日付けのINTERNET Watchでは、1月12日に米国Yahoo!が発表した1998年通期決算について伝えています。それによると、売り上げが2億327万ドル、純利益が4,993万ドルで、対前年比で大幅な増収増益となったとしています。1999年といえば、インターネットバブルの真っただ中で、時代を代表する企業となりました。
あれから18年後の2017年1月10日、米国ヤフー社はコンテンツやインターネットサービスなどの中核事業を電気通信事業者大手のベライゾン社へ売却した上で、社名をAltaba(アルタバ)へ変更し、日本のヤフー社や中国のアリババ社の株式を保有する投資会社へと業態変更すると発表された。

出典: INTERNET Watch