マイクロソフトがウェブアプリケーション開発ツールを発売開始した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2002年の今日、米マイクロソフト社は.NETに対応した統合開発環境ビジュアルスタジオ.NETの提供を開始しました。当時は「XMLベースのWebサービスやアプリケーションを開発するためのツールをまとめたもの」と位置づけられていたと報じられています。その後、同社の戦略変更にともない、.NETはもとより、ツールの位置づけなども変更され、ウェブアプリケーションやその開発環境としての色彩は薄れてしまいました。

出典: INTERNET Watch