人気サイトはプロバイダー?―ポータル競争をしていた時代

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

当時の米国インターネット視聴率調査会社のメディアメトリックス社が人気サイトランキングを発表しています。
それによると、AOL、マイクロソフト、ヤフーなどが強いという結果になっています。当時はAOLもマイクロソフト(MSN)もプロバイダーサービスを提供していて、接続すると自社のページが表示されるようになっていました。ヤフーは1ページにさまざまな情報をまとめて表示できるサービスを行っていました。
これをポータルサイト(玄関サイト)と呼んでいて、ブラウザーを起動したとき
の初期画面となるウェブページの価値が高まっていました。また、コンテンツホルダーはこうしたポータルサイトとの提携を模索していました。
なお、グーグルは1998年9月に創業していますが、まったく知られていませんでした。

出典: INTERNET Watch