オートIDセンターが慶應義塾大学SFC内に研究拠点を開設した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2003年の今日、国際的非営利組織のオートIDセンターは慶應義塾大学SFC内にアジアで初の研究拠点を設立したことを発表しました。1999年にマサチューセッツ工科大学(MIT)内に研究組織が設立され、その後、英国ケンブリッジ大学とオーストラリアのアデレード大学に姉妹研究拠点が設立されていました。
オートIDはRFIDに国際的に標準化されたEPC(電子製品コード)を書き込み、国際的に製品を個体ごとに管理するための技術で、標準化、制度化、運用などの多方面の検討が必要とされていました。

出典: INTERNET Watch