国内ISPが56kbpsの通信サービスを開始した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1997年の今日、アスキー、グローバルオンラインジャパン(GOL)、ビジネスネットワークテレコムが56kbpsモデムに対応した接続サービスを4月中に始めることを発表しました。当時はまだデータ圧縮方式などの仕様がモデムメーカー間で定まってなく、米国U.S.Robotics社が開発した高速データ通信技術「x2」を採用したモデムによる通信に限定されていました。なお、消費者向けのモデムはおよそ23,000円になりそうだとされていました。
しかし、その後のISDNの普及に押され、アナログ方式は大きく広がることはありませんでした。また、ADSLも登場することで、通信方式は一変しました。

出典: INTERNET Watch