航空機機内からインターネットが利用できるサービスが発表された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2000年の今日、米ボーイング社は航空機向けのインターネット通信サービスを2001年にも商用化すると発表しました。サービスの名称は「コネクション・バイ・ボーイング(Connexion by Boeing)」で、通信速度は1Mbps〜4Mbpsで、機内からはLANを介して接続するというものでした。当時、日本ではJALやANAが採用しましたが、肝心の米国大手航空会社が採用をしなかったことから、採算が確保できず、2006年末にはサービスを終了しました。その後、2008年ごろから、ゴーゴー社が独自の方式で同様なサービスを開始し、今日でもサービスが継続されています。

出典: INTERNET Watch