マイクロソフト日本法人の古川享氏が退職を発表した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2005年の今日、マイクロソフト日本法人の元社長で、当時、同社執行役最高技術責任者で米国マイクロソフト社バイスプレジデントを兼任する古川享氏が6月30日付で退職することが発表されました。古川氏は1986年のマイクロソフト日本法人の設立とともに代表取締役社長に就任、1991年から2000年4月までは代表取締役会長を務めました。2000年5月には米国マイクロソフト社コンシューマー戦略担当バイスプレジデントに就任しました。
マイクロソフト日本法人設立以前は、アスキーにおいて月刊アスキーの編集長、そしてソフトウエア事業の責任者を務め、常に日本のパソコン産業をリードしてきました。
退職後は、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構(DMC)教授として活躍されています。

出典: INTERNET Watch