ファイル交換ソフトによる情報漏えいが深刻化

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2007年の今日、INTERNET Watchでは、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が発表した「2006年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」について報じています。そのなかで、とりわけファイル交換ソフトを経由した情報漏洩は168件で約17%に上り、前年の3%から急増したとしています。Winnyによる情報漏洩はその以前から報告されてきましたが、だんだんと国や企業を始めとする大組織からの漏洩も増え、事件が大規模化してきていることがその要因となっていると思われます。

出典: INTERNET Watch