人類の知識へインターネットからアクセス可能になった日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2007年の今日、グーグルの日本法人は書籍検索サービス「グーグルブック検索」の日本語β版を発表しました。出版社から提供された書籍をキーワードで検索でき、検索結果から書籍の全文や一部を閲覧できました。
これまで、グーグルで検索できるのはオンラインにある情報だけでしたが、人類の積み重ねてきた知へのアクセスができるようになるという画期的なサービスでした。
しかし、著作権に関する懸念なども根強くあり、その後10年近い裁判の始まりにもなりました。しかし、その間にデジタルコンテンツや検索に関する世の中の理解も深まり、最終的にはフェアーユースという判決が出ました。

出典: INTERNET Watch