コミケ会場で「TPPの著作権条項を考える」トークイベントが開催された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2015年の今日、コミックマーケット準備会と、TPPの知的財産権と協議の透明化を考えるフォーラム(thinkTPPIP)は「コミックマーケット88」開催中の東京ビッグサイトでトークイベント「TPPの著作権条項を考える ~非親告罪化、保護期間延長~」を開催しました。
当時、経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定であるTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉が佳境をむかえていました。そのなかで、「著作権侵害の非親告罪化」「著作権保護期間の延長」「法定賠償金制度の導入」が日本のコミックカルチャーを維持するうえで問題となるのではないかという観点で議論されました。
その後、米国がトランプ政権に移行したことにともない、交渉から離脱したことで、TPPは頓挫しました。

出典: INTERNET Watch