RSA 512ビット鍵が解読された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1999年の今日、RSAデータセキュリティ社の研究部門であるRSAラボラトリーズが国際的な暗号研究者のグループによって、512ビットのRSA鍵を構成する2つの数を因数分解によって得、結果として解読したことを明らかにしました。
当時の記事では「RSAでは今回の結果を得て、暗号の最低限の強度を守るためには768ビット長の鍵を使う必要がある」と書かれています。

出典: INTERNET Watch