ITUが56kbpsモデムの標準仕様としてV.90を正式採択した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1998年の今日、ITU(国際電気通信連合)がスイスで行われた会議でV.90を56kbpsモデムの標準仕様として正式に採択しました。
いまとなっては「超低速」な通信プロトコルですが、当時のアナログ回線の通信プロトコルとしては驚くほど高速な夢の技術でした。その後、ISDNの128kbpsが主流になり、さらにはADSLへとブロードバンド化が進んでいきました。

出典: INTERNET Watch