携帯電話の番号ポータビリティに通信事業者は消極姿勢

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2003年の今日、INTERNET Watchでは総務省が開催した携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)についての研究会について報じています。最近ではMNPはあたりまえで、人気機種の発売時には新規契約を獲得したい通信事業者は、大幅な「実質値引き」などのキャンペーンを行っています。当時からそうした顧客の奪い合いの泥仕合になることを恐れていたのか、消費者のニーズよりは、技術論や他国がうまくいっていない事例を示して、各社は消極姿勢だったと報じています。

出典: INTERNET Watch