NTT専用線が誕生した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

日本初の専用線は、東京と横浜の銀行間を直接結ぶ市外電話ホットラインとして、1906年(明治39年)7月20日に当時の逓信大臣より認可されました。
当時の使用料は年額1,536円で、現在の物価に換算すると約2,500万円。2006年の同レベルの専用線(東京〜横浜間、0.5Mbps)の使用料は年額90万円で、100年前に比べておよそ28分の1とのことです。
2006年に100周年だったと報じられていますので、2016年の今年は110年ということになります。

出典: INTERNET Watch