さくら銀行と富士通がジャパンネット銀行設立で合意した日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1999年の今日、さくら銀行と富士通はインターネットを利用して売買決済や預金ができるオンライン専業の銀行を設立することで基本合意に達したと発表しました。
当初は、@niftyの上のサービスとして振り込み、定期預金、為替、小口ローンなどを提供するとしていました。しかし、当時iモードでのサービスを拡大しつつあったNTTドコモらも株主として受け入れ、@niftyに限らないサービスになり、インターネット専業銀行の草分けとして拡大していきました。

出典: INTERNET Watch