来日した米グーグルの共同創業者ラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏がビジョンを語った

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2004年の今日、グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏が来日し、記者会見を行いました。Gmailや書籍の内容を検索するGoogle Printなどについて説明し、オンライン上にある情報だけでなく、あらゆるものを検索の対象としてグーグルに取り込んでいきたいと語りました。当時は、あり得ないとまではいわないまでも、かなり壮大な計画だという印象を持った人が多かったと思います。
また、「ウェブブラウザーそのものを作ることは考えていない」と発言していましたが、4年後の2008年にはChromeをリリースすることになります。

出典: INTERNET Watch