ソフトイーサが無償公開された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

2003年の今日、筑波大学情報学類の学生である登大遊氏が仮想ネットワーク構築・通信ソフトウェアであるソフトイーサ(SoftEther)を発表しました。
ソフトイーサは平成15年度未踏ソフトウェア創造事業未踏ユース部門に採択された「イーサネットのソフトウェア実装とトンネリングシステム」で、イーサネットをソフトウェア的にエミュレートすることによって、VPNを構築することができるというものでした。
あまりにも革新的な技術であったため、ユーザーからは便利なソフトウェアとして高い評価を受けた一方、当時のネットワーク管理者からは新たな脅威となるとまで指摘されました。
現在では、開発者の登氏が代表取締役を務めるソフトイーサ株式会社として事業化されています。

出典: INTERNET Watch