HTML4.0が勧告された日

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Email this to someone

1997年の今日、W3C(World Wide Web Consortium)はHTML 4.0を勧告しました。フォームやテーブルの拡張、インラインフレームやスクリプト言語のサポート、OBJECTタグへの移行などが、HTML 3.2からの主な変更点とされています。
当時の記事によると、ブラウザーのシェア争いをしていたNetscape Communications社とMicrosoft社がHTMLを独自に拡張したことで混乱をしていて、この決定はその流れに終止符が打つことができそうだとしながらも、ダイナミックHTMLの仕様では混乱も続くのではないかとしています。
2014年にHTML5が勧告されるまでの長期にわたり、基本的なHTMLの標準となりました。

出典: INTERNET Watch